« きつくない山岳 | トップページ | 江戸川峠一日目 »

2015年10月 6日 (火)

BRM1004宇都宮200

4日の日曜日
宇都宮森林公園スタートのブルべに行ってきました。
タイトルの「渡良瀬渓谷紅葉ツーリング」の紅葉にひかれたからです。

そして、2014年に好評のうちに開催された「きつくない山岳」の
第二弾・・・との説明でした。

紅葉好きで山好きな私に出ない理由など無いわけで・・・
しかし、誤解されないように言っておきますが
山好きたって坂が好きなわけではありません、自然が好きなんです。
それを楽しむためなら自転車で坂で・・少々つらい思いをするのも致し方ないかというくらいなのです。

さて、いつものように家を早朝の4時20分に出て
新四号で森林公園に6時少し前に到着しました。
自転車の準備をして腹ごしらえをして受付に行くとすでに3ウェブの
7時10分スタートでした。
Android20151005210759
スタッフのブリーフィングがあり、その後順次スタートします
今回はスタートから森林公園入口に向かい鹿沼駅から例幣使街道を
走ります。
大体知った道なので安心です、下り基調で風向きもよかったのか
信号待ちでは集団になり、迷いようがありませんけれど。
それにしても、皆さん速いです
知り合いの方に「平地で飛ばしすぎると後半の坂がつらいかも」
とのアドバイスを受けていたのであまり、とばしたくはないのですが
脱落するのも難しい状態です。

そして結構頑張ってしまって・・・
PC1 加須市向古河 ローソン
58.6km 到着時間 9時41分

ここまでは集団でしたが、そのあとは参加者もばらけてきました。
向かい風も出てきてPC2の手前では速度が上がらず
20kmを切って18kmほど、徐々に高度が上がっているのでしょうか。
それとも頑張りすぎて疲労蓄積とか。

PC2 大間々町 セーブオン
108.9km  到着時間 12時40分
気温が上がり暑くなったのでアイスを食べる、少し長めに休憩をとった。

さて、ここからが「きつくない山岳」の山岳区間です。
坂の好きな方にはきつくないでしょう、楽しい区間かもしれません。
50km弱の上り坂、「ズ~と上りだよ」とkuniさんに言われたが
ズ~と上りと言えば「乗鞍」か「粕尾」かしか思い出せません。

その「乗鞍」のつもりで走り出したら上ったら下りもあるじゃありませんか
ちょっと安心してアップダウンを繰り返しながら走り続ける
Android20151005210729
道路から見えた景色、ブリーフィングの時に
素晴しい景色を楽しんで下さいとの説明もあったので
写真に撮ってみました。向こう側に渡って撮影しようと思ったのですが
路肩が狭いのでやめました。
路肩と言えば渡良瀬渓谷の122号線は狭いですし路面と側溝に
段差があり、一応は土手の法面のようになっていましたが
そこに落ちないように慎重に走りました。
Android20151005210722
草木ダムでは、数名の参加者が休憩していたので
同じく休憩しました。なぜかブルべの方たちがいると寄りたくなるんですよね。
Android20151005201333
紅葉には少し早いようです。

PC3
日光市足尾 セーブオン
到着時間 16時12分 
レシート時間とPCの締め切り時間を見たら、余り余裕のないことが分かる
坂でのスピード10km以下だったんじゃないかな?

夕方になり曇ってもいたので、ここで寒さ対策をしている方がいる
私もウインドウブレーカー着たが、走り出して失敗だったと分かる
まだまだ上り坂が続いていたのだ。

数個のトンネルを抜けて最後の日足トンネルに到着
ここから下り坂、長かったけれどアップダウンに救われた。
ダウンで足を休めることができたから。
トンネルの中は迫ってくる車の轟音で恐怖だったが、一番大きな音は
バイクの音だった。
走りながら日光市内観光、神橋辺りでポツポツと雨が降り出した。

大したこと無いだろうと思っているうちに大粒の雨、信号待ちで止まったところで二人の参加者が雨宿りをしていた。
私も仲間に入れてもらう、スマホで雨雲レーダーを見ているみたい。
雨が小降りになったところで走り出し一緒に走らせてもらった。

この先、日光インターから大沢インターまでの区間は
ゴルフ場の点在している山の中を走るのですが、
街灯が一つもついていない寂しいところです、ここは埼玉ブルべの
アタック日光で走ったことがありました。あの時は一人旅でしたが
今日は三人で、やっぱり山の中は同行者がいる方が楽しいです。

平地に出て信号待ちでその方たちが止まったので
前に出て走り出したら、いつの間にか一人旅
信号のそばにあったコンビニで休憩したみたい
「一緒に走ってくれてありがとう」って言えなかったので
この場で言わせてください「心強かったですありがとう」

さて、難所をクリア、もうすぐゴールです
しかし、最後の最後に宇都宮の名物、鶴カントリーの激坂が待っていた
今回は無駄な抵抗は止めて素直に歩きました。

歩いても自転車でよたよた走っても時速4キロですから同じなんです。

そしてゴール
宇都宮森林公園 管理センター
203,1km  到着時間 19時19分 

走行時間 12時間09分

今回はチョッとは雨に降られましたが全体には良い条件で
走ることができて楽しいブルべでした。

ただ、私自身は練習不足を痛感したわけです
来年もブルべに参加するためには自転車に乗り続ける事が
大切だと思いました。

最後になりましたが、今回ご一緒した参加者の皆さん
ありがとうございました。

またスタッフの皆さま、お世話になりましたまた来季どうぞよろしくお願いします。

|

« きつくない山岳 | トップページ | 江戸川峠一日目 »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
私は日光市街からの暗い山道を一人で通りました。かなり緊張しました。
509宇都宮300に続いて私がラストと思いゴールしましたが、後から2人到着しました。
その方たちは山道を30㎞余計に走ったとのことです。さすがに若い人たちは脚力が違いますね。またどこかでお目にかかりましょう。

投稿: ティータイム | 2015年10月 6日 (火) 13時28分

知り合いなんて言わないで「雷都」って宣伝してくださいなあ。
 途中お会いしたの覚えてますか。?「あら、お会いしましたねって」、お声をかけさせて頂きました。

いい言葉でですね、「ブルベをやる為に、自転車を乗るなんて」。

では、来年もお会い出来る事を楽しみにしてます。

投稿: 雷都 | 2015年10月 6日 (火) 21時17分

ティータイムさん

コメントありがとうございます。
ひょっとしたらティータイムさんも参加されているのではないかと思っていました。
でも、誰が誰か分からずに失礼しました。

ティータイムさんは慎重派なんでしょうね。
道に詳しければラストなんてことはないと思います、ミスコースしたら若い人でも完走は大変だったでしょう。
でも、それも終わってみれば楽しい思い出になるのでしょう。

またどこかのブルべでご一緒した時は
お声掛けして頂ければ嬉しいです。
その時は、一緒に走りましょう。どうぞよろしくお願いします。

投稿: シー | 2015年10月 6日 (火) 21時24分

雷都さん

コメントありがとございます。
知り合い=雷都さんでした。

スタート場所で話しかけてくださりありがとうございました。
それでなかったら、分かりませんでした。

途中で声を掛けてくださったのですか?
特急列車に乗車された雷都さんは
スタートの時だけしか会えないような・・・・?
ああ~~そういえば豪華な昼食を召し上がっていましたね。
その時に私が先行したのですね。

若い人はブランクがあっても大丈夫でしょうが
歳をとると自転車に乗り続ける事が体力、走力温存になるので、やっぱり乗り続けるしかないのですね。
誰かのブログのタイトルみたいに自転車操業?

またどこかのブルべでお会いした時はよろしくお願いします。

投稿: シー | 2015年10月 6日 (火) 21時33分

完走、おめでとうございます!
シーさんのベテランらしい走りはさすがです(^^)v
クローズまでに1時間以上の余裕があるのですから、まだまだ体力は大丈夫ですよ。

また来シーズンのご参加をお待ちしております(^^)/

投稿: へばな | 2015年10月 6日 (火) 22時16分

へばなさん

コメントありがとうございます。
また、スタッフ業務お疲れ様でした。

来シーズンも走るつもりですのでよろしくお願いします。
もっと坂が走れるように精進します。

投稿: シー | 2015年10月 6日 (火) 22時33分

完走、おめでとうございます。
またもやブルべに出たんですね。
そばツーの時、琴平をがんばったのは、このためでしたか。
敬服いたします。

投稿: hiro | 2015年10月 7日 (水) 20時05分

hiroさん

蕎麦ツーリングの時に坂を走れたのが良かったです。
私の所から50km走らないと山に行かれないので滅多に坂練できませんが
琴平峠のお陰で何とか完走できました。

投稿: シー | 2015年10月 7日 (水) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565444/62417599

この記事へのトラックバック一覧です: BRM1004宇都宮200:

« きつくない山岳 | トップページ | 江戸川峠一日目 »