« うえ田蕎麦ツーリング | トップページ | 日本のブラジル »

2015年6月21日 (日)

うえ田蕎麦ツーリングのつづき

うえ田蕎麦ツーリングのつづきが遅くなりました。

それと言うのもパソコンが突然、シャットダウンしたり
画面に縞模様が出て動かなくなったりで、仕方なくパソコンを新しくしました。

今考えると、修理してもらえば良かったかなと後悔しています。
Windows8.1の使い方が分からないのです。

今まで使っていた古いパソコンからのデーター引っ越しも四苦八苦でした。
調子の悪いパソコンなのでデーターを読む込んでいる最中に何度もフリーズ
頭痛がしてきました。知恵熱ってあるんですよね。使っていない脳を
フル稼働したのが原因でしょう。

まだ、使い方も引っ越したデーターの展開の仕方も分からないのですが
ボチボチやっていきます。
一応ブログは書けるようになりましたので書きます。

うえ田でそばを食べて下ります、ゴルフ場を一つ越えて古峰原街道に
出たところでkuniさんとは別行動、お疲れ様でした。

古峰原街道は程よい勾配で大芦川のせせらぎを聞きながら
よいペースで走ることができて気分がよかった。
いつもkuniさんのペースで走ってくれるスーさんが遅れずについてくるのは
驚いた。
自転車もロードではないので、大丈夫かなと思ったが余計な心配だった。

西大芦川フォレストビレッジでトイレ休憩の後、小来川方面に
行く「名も無い峠」を走る。この峠、何度か走ったけれど
結構きつい、いやいや~私にすれば相当きついのだ。
 

あっという間に先頭集団は見えなくなり、スーさんだけはkuniさんの時同様に
一緒に走ってくれる。
途中で休もうと思ったが、これじゃ休めない。
心拍も上がって息も絶え絶え、普通じゃない走りだ。

そしてスーさん、余裕で話しかけてくる
いやはや、能ある鷹は爪を隠すのね。

小来川の交差点で先に行った人たちが待っていてくれたので合流することができた。この交差点を左に行くと滝ケ原峠、直進は小来川温泉
どっちも埼玉ブルべアタック日光で走った道だ。

今回は右折して板荷に向かい、スタート地点の出会いの森に戻るルートだ
ここからは上ったご褒美の下り、相当おいしいご褒美だった。

出会いの森に戻ると福祉センターのお風呂でさっぱしたkuniさんが待っていた

今回走ったコース、また来たいねと高評価でした
本当に・・・また行きましょうね。

走行距離 70km

参加の皆さん、お疲れ様でした。

|

« うえ田蕎麦ツーリング | トップページ | 日本のブラジル »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565444/61771686

この記事へのトラックバック一覧です: うえ田蕎麦ツーリングのつづき:

« うえ田蕎麦ツーリング | トップページ | 日本のブラジル »