« 3月末 | トップページ | 視力検査 »

2015年4月 6日 (月)

あけぼの山公園

ノンビリと10時頃から自転車
野田橋先の菜の花が伸び出してきてサイクリングロードを狭くしている
それに虫がいっぱい飛んでいる。
気をつけないと、口に飛び込むしサングラスの隙間から入るし
これからの季節、早朝か菜の花が咲いていない一般道か、それとも山が良いかも知れない。
2015_0406_102227imgp5562

利根運河から柏サイクリングロードを走ってあけぼの山公園に行った。
今はチューリップが見頃だ、観光客で賑わっていた。
2015_0406_111703imgp5565
自転車を入れて撮ってみた。
2015_0406_111928imgp5568
傍まで行っていないので分からないがいろいろな種類の
チューリップがあるみたい。
2015_0406_112003imgp5569
花で文字を作っている
2015_0406_112310imgp5571
鳥居を入れて、布施弁天はお寺だったよね?
たしか・・・真言宗
2015_0406_115230imgp5576
利根運河、桜が綺麗だった。

春休みなので若い学生かはたまた一年中春休みの
高齢者の自転車乗りが多かったように思う、そう言う私も高齢者?

午後からは畑など・・・ジャガイモの芽が出て来た。






|

« 3月末 | トップページ | 視力検査 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

事前のコース調査ご苦労さまです。
チューリップが綺麗なようですね。桜は終わってもチューリップで花見ができますね。
ところで、布施弁天の鳥居ですが、私の思うところは、次のとおりです。
 俗に「布施弁天」と呼んでいるのは、神社たる布施弁天と、お寺である東海寺とを一緒にしたものであり、鳥居は神社である弁天様のためにあるのだと思います。
 江戸時代までは「神仏習合」といい、神社とお寺は一緒に存在し、仏様を守っている(仏様の家来?)のが神様だという話を聞いたことがあります。明治維新の際に神仏分離令という太政官布告が発せられ、お寺なのか、神社なのかどちらかにはっきりすることになり、神仏習合はなくなったのだと思います。神社とお寺とが隣同士にあることがよくありますが、これもその影響ではないかと思います。
 布施弁天は、お寺である東海寺の敷地の一部に神社たる弁天様があるのでしょう。地図を見ると布施弁天のところに神社マーク(鳥居の形)が記してあります。

投稿: デンチュウ | 2015年4月 8日 (水) 22時29分

デンチュウさん

なるほど、良く分かりました。
そう言えば七福神参りでもお寺にお参りしたり
神社だったりしますね。

投稿: シー | 2015年4月 8日 (水) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565444/61400774

この記事へのトラックバック一覧です: あけぼの山公園:

« 3月末 | トップページ | 視力検査 »