« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月23日 (月)

BRM221アタック霞ヶ浦&ビーフ

土曜日の事です。
オダックス埼玉開催のブルベに行ってきました。

最近、足攣りが多いので自分の技量に見合った走りをしようと考えていました。
そうです。。。ゆっくりと走るのが良いのです。
受付を済ませて、トイレから戻って来たらすでに、スタートした後でしたので
これ幸いとゆっくりと走り出しました。
野田橋通過では河川が霧に覆われて幻想的な風景でした
利根川に出たら5メートル先が見えないくらいの濃霧でジャージについた
霧が白く霜に変っています。眼鏡も凍って手でぬぐったらシャーベット状に
なっていました。

それでも日が高くなるにつれて快晴になり、霞ヶ浦は向かい風も弱めで
絶好の自転車日和になりました。

PC2のたまつくり道の駅では補給なしでスタート
PC1で結構しっかり食べたし、それよりもこのコース一番のメイン
道祖神峠を早めに通過したかったのです。
明るい内は無理としても真の闇になる前には通過を目標にして居ました。

PC2から霞ヶ浦を離れると結構アップダウンがあります
これがとてもきつくなってきました。
ビーフラインと道祖神は覚悟していましたがこれは思いがけないことでした。
無理をしてもしょうがないので、補給がてらにストップ
ついでに写真を撮りました。
2015_0221_131424imgp5490
古墳公園の入口にある埴輪と自転車の記念撮影
今日の自転車はインターマックス、30丁のギアを付けてきました。

やっと常陸大宮のPC3に到着、買物をしてお店から出て来たら
7時スタートのふつうのパパさんが到着しました。
何か怪訝な顔をして私を見るので「私よ」というと「知っているよ」との返事

パパさんの参加はブログで知っていましたが
私の参加は知らなかったようで、少し驚いたようにでした。

「ここまでの坂がきつかった」とは話したら「ここからが本番だよ」
まったくその通りです果して走れるのかちょっと心配になってきました。
パパさんはここで3時間の余裕、私に2時間余裕があるから
良いペースで走ってきたんじゃないと言われました。
歳を取っても誉められるのは悪い気分じゃありませんね。

ここではしっかり補給してスタート
コンビニの中華丼は美味いです、大桂大橋を渡りビーフラインに行くと
以前走った、懐かしい景色が出てきました。
kuniさんと走ったブルベはきつかったです。
思えばkuniさんは私に優しくなかった、kuniさんに合わせて走ったので
真冬でも熱かったなどと考えていたら
今回は寒い事寒い事、特に下りになるとお腹が冷えて腹痛になってしまいました。

ここで下り急行が来たらどうしようと考えました。
林の中か??嫌だな。

途中止まって防寒用の手袋を胸とお腹に入れて見ました。
そうすると腹痛が治まってきたので一安心、ビーフラインは思ったより
きつくは感じませんでした。
4~5カ所、勾配10パーセントの看板が出ているけど
笠間側からの方の勾配だよね、と勝手に思っていました。
腹痛で苦しんだビーフが終って道祖神峠に向かいます、

段々夕暮れが迫ってくる道中、路面凍結注意の標識が怖いです
路肩の雪が溶けて凍り出すまえに峠を越えようと、途中何度か止まろうと
思いましたがそのたびにもう少しもう少しと自分を励まして
やっと峠に到着する事が出来ました。

しかし凍結した下りも怖いです、慎重にスピードを抑えて下りきりPC4に到着しました。
ここでは暖かいカップ麺を食べました、ホッカイロも買いました。
手も冷たくなってきたのでお腹に入れていた手袋をだしてはめる事にしました。

今回は天気予報ではかなり暖かくなるとの事でしたので
防寒用の手袋と昼間暖かくなったら交代する手袋を持っていたのが
幸いしました。
腹痛で苦しんだビーフラインでは厚い手袋に救われました。

ここから残す所80km、よっぽどのアクシデントが無ければ完走できそうです。
最後の方は若いジェントルマンの後を走らせてもらいました。
一人で参加しても、途中一緒に走らせてもらったり
また離れたり、PCでは同じ顔ぶれがいたりで親近感も出て来ます。

それもブルベの楽しみ方なのかなと思いました。

ゴールには24時ちょっと前につきました。
受付の時計が12時を表示しています、「え、もう12時ですか」と
思わず言ってしまいましたが「まだ12時です」と言われました。
ビーフラインの勾配10パーセントが笠間側だと思い込んだり
時間の感覚がずれたり天然ボケが炸裂したブルベでもありました。

今回参加された皆さん、途中御一緒させていただいた皆さん
主催者のオダックス埼玉のスタッフの皆さん
お陰様で完走する事が出来ました。

どうもありがとうございました。

走行距離 304km
完走時間 17時間57分

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月16日 (月)

ドタ参

自転車仲間の企画したサイクリングにドタ参して
唐沢山、琴平峠、大平山を走って来ました。

集合場所が道の駅きたかわべ、向かい風の中
遅刻したら、一人逆コースを走ろうと思いつつ行ってみたら
何とか定刻ちょっと前に到着しました。

なんか、「ドタ参」しそうな予感がしたと言われながら
4人でスタート、唐沢山は自由走行、下った所の駐車場で合流でした。
その後、葛生のセブンイレブンで補給、琴平峠も自由走行でした。

一緒に走れと言われても体重に見合った脚力がないので
どっちみち自由走行で最後尾を走る事になるのです。

琴平峠は峠に近づくにつれて勾配がきつくなります
その勾配がきつくなるころ、先ほど抜いて来たジョギングの人が
追いついて来ました。

ジョギングの人に抜かれるのかと、心中穏やかではありませんが
根性も気力も脚力もないので抜かれる覚悟を決めたとき
隣に並んだ、ジョッガーが話しかけて来ました。

いつも峠を走っているとか、大平山まで走るとか
また秋山川のザゼンソウまで走るとか、その方とんでもないおじさんだったのです。
フルマラソンを走る御年65歳のスーパーおじさんでした。
こんな人に抜かれたのなら、悔しくもショックもありません。
004
琴平峠で記念撮影

写真撮って下って行くと先ほどのジョッギングのおじさんに
追いつきました、上りでかなり離されたようですが
自転車は下りは休めます、ちょっと申し訳ない気持ちで追い抜いたら
爽やかな声で挨拶されました。

栃木の山は、ママチャリを駆る超人だけでなく
走る超人もいるのかと怖くなりました。

琴平の下りを楽しんで最後の大平山に向かいます
ちょっとズルして平地を行こうかとも思いましたが
せっかく遠くまで山を走るために来たのだからとゆっくりをのぼっていきました。

途中、下ってきたママチャリの方・・・例の大平山の超人ではありませんでしたが
下ってきたって事は・・・上ってもいるわけで・・・大平山、ロードを乗る人には超怖い所です。

三つの峠を走り、ちょうどお昼時、食べてみたかった店をリクエストしたのですが
残念ながらお休みでした。
しかし、流石の企画者、ニの案、三の案も用意してあります
そして行ったのが線路沿いの中華屋さんでした。
外から見ただけでは流行っているのか、そもそも営業しているのか
分からないようなお店でしたが、扉を開けた瞬間、目に入ったのは
満員のお客さん。。。先客が気を利かせて席を立ったのですぐに座れましたが
これは美味しいんじゃないかと期待は膨らみました。

そして、頼んだのが今日のお勧め「もやし担々麺とミニチャーハン」のセット物
800円でした。
009
濃厚なゴマの風味と丁度良いからみの美味しい坦々麺でした。

食事を終って外に出たら、強烈な風が埃を巻き上げて吹き付けてきました
これは堪らんと、思川道の駅でのスイーツを諦めて帰路につく事になりました。

真後ろから吹いてくれる風なら、よかったですが
強烈な横風が吹いています、身体を風に預けるように傾けて走るほどでした。

しかし、経験豊富な方達ばかりなので
何とか遊水地の中央エントランスまで走って来ました。

さて・・・ここでスタート地点のきたかわべ道の駅まで行くべきなのでしょうが
一人を除いて、そこに行く必要が無かったのです。
数百メートルですが向かい風の中を走る気力が失せてここで解散になりました。

帰る方向が同じ三名は流れ解散、最後尾を走っていた私ですが
三国橋を渡ったときには先に行った人の姿が見えないほど遠く離されてしまいました。

ここからは一人の気楽さで追い風を楽しみながら走りました。

今日の走行距離 143km
(15日日曜日のサイクリング日記です)




| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

初午と自転車

今日は初午、小豆ご飯を炊いて昨日作っておいた
スミツカレをお稲荷様にあげる。

023
小豆ご飯は、見かけ赤飯と同じに見えるけど
赤飯は餅米、小豆ご飯はうるち米の違い、食感も全然違うのだ。

今日は初午であり、キツネ繋がりで若かりし頃聞いた
話など少々・・・


母に聞いた話
母の友達の話でその本人から直接聞いた話だそうです。
いつも通り道、「なんか嫌だな~気持ち悪いな~」
と思った瞬間キツネに憑かれてしまったそうです。

そこで、よく当たると評判の先達様に見て頂いた所
「笠間神社にお参りに行ってキツネをそこに下ろしてきなさい」と言われて
早速笠間神社にお参りに行ったそうです、
決して後を振返ってはいけないと言われてその通りにして家に帰ったら
憑いていたキツネがいなくなっていた、との話でした。

憑かれた場所は私も母から聞いて知っています。

当時はススキの原で寂しい所でしたが今は住宅がたくさん建って昔の
面影はありません。

あと、嫁に来た頃、この家の大叔母さんに聞いた話
昔から商売をしていた我家は、仕入れのために自転車で
隣の町や隣の県まで行っていたそうです。
築地にも自転車にリヤカーを付けて行ったと聞いた事があります
そんな・・・とんでもない昔の話。

大叔母が隣の県から家に帰ると途中で化かされたとか
ちょうど今頃、大量に仕入れてしまった目刺しを
売りに外回りしていたときにキツネに化かされて家に辿り着けないとか
自転車に積んでいた品物が無くなったりとか聞いた事があります。

昔はキツネに化かされる事があったようですよ。
信じるか信じないかは貴方次第(笑)こんなフレーズ何処かで聞いたわ。

あっ。ちょっと待って。
自転車の事も追加

今日は10時過ぎから自転車、南風が吹くというので
江戸川は下流に行く、利根運河途中から柏の東大キャンパスを
抜けて手賀沼に・・・久し振りなので少々迷走。
029
手賀沼の白鳥

ちょっと行かぬ間に変る事激しく、URの事務所まで大堀川の両側に
遊歩道が出来ていた。
手賀沼に行って少し走ってから流山から江戸川に出ようとしたが
手賀川を深く探検しすぎて・・その結果、利根川に出てしまい
結局遠回りになってしまった。

走行距離 90km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

トライアングルを短縮

寒いですが風がないので走って来ました。
江戸川は龍Q館過ぎた辺りが堤防強化工事中でサイクリングロードが
通行止め、道路側に迂回コースが出来ていますが狭いです。

狭い所は幅が1.5メートルしかないらしいです、散歩の人が歩いていると抜けません
隣の一般道を走った方が良さそうです。
それに自転車は下りて歩いてくださいとアナウンスされます、看板にも出ていますが。
実質、歩いている人はいないでしょう。ロードの靴だと歩くのが難しいし・・・

今日は関宿城から利根川に出て利根運河のトライアングルを
走ろうと思ったのですが、目吹橋手前から一般道に出て金野井大橋を
渡って帰ってきてしまいました。

何だか最近すぐ飽きてしまう事が多いです、サイクリングもしかり
河川のCRは退屈なだけです。

今日の走行距離 42km

自転車以外では施設に入っている母が転んだというので一騒動
施設から病院に連れて行くと言うので、病院で待ち合わせ、頭と腰を打ったらしいので、診察してもらう。
骨には異常がないという診断だが、かなり痛がる様子

土曜日曜を挟んで月曜日に今まで掛っていた整形に再度診察してもらう事になった。それが昨日。

以前もお泊まりサービスで転んで硬膜下血腫になってしまった。
本人は痴呆なのでどうやって転んだかも覚えていない、
今回はお風呂から出て、更衣室で転んだと言う説明だった。

妹が手は引いてくれないのと聞いた所、ヘルパーの腕に捉まらせて歩かせたとか。。。でも誰も見て居ないのでなんとでも言える。

家で見られないから仕方ないと言えば、そうなんだろうけど・・・

妹は一日おきくらいに母の様子を見に行っている
私は時々・・・この前行ったらテーブルで絵本を見ていた。

横に座って一緒に本を読むと喜んでくれる。
そうしていると、ヘルパーさんが他の入居者を隣に座らせた。

一緒に面倒見てって事?
そんな事で、一緒に読み聞かせ、ちょっと飽きたようなので今度は
童謡を歌う。ひらがなの歌集を広げて最初から。。。

三人で合唱・・・前に座っていたお爺さん、気がついたらニコニコしていた。
隣のお爺さんは頭の上で手を叩いていた。でもどう言う感情か分からなかった。

なんの刺激もない施設の生活、、私の下手な歌だけど少しは
母や皆さんの慰めになったのかも知れないと思うと嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

1月

1月末の走行距離をブログに書こうと思いつつ
もう明日は節分になってしまいます。

風が強くて走れない日が続いています、家に居てテレビを見つつ
おやつをつまむ日々・・・早く暖かくならないかな。

1月の走行距離 770km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »