« 大利根橋往復 | トップページ | これを育てる »

2014年9月14日 (日)

長距離に挑戦

最近、暑さを言い訳にスタートまでカー載で行っていましたが
今回は自走、来年からブルベを辞めようと思っていたので
長距離を走る必要も感じていませんでした。

その話をチーム・更年姫のK女史に話したところ
そんなことを言わずにやった方が良いと勧めてくるので
段々その気になってきた訳です。

そして最近、チームの最年長のM女史が
7年ぶりに出場したヒルクライムで入賞したとのメールが入ったのです
そして、女性の最高年齢だったとの事、

何と逞しい、ひょっとしたら諦めるのは未だ早いかも?
ヒルクライムの速さと年齢は、一生、M女史には追いつけないけれど
長距離だったら、体力と蓄えたエネルギーを武器に頑張れるかもしれない。

そんな訳で峠を入れたコースを走って来ました。
走ったコースはこちら↓
実走したコースと少々異なりますが
大体こんなコースです。

馬打峠はけっこうキツイです。
以前、kuniさんと行ったときに峠で沢ガニを見つけたことがありました
あの頃の面影が全然ありません。

2014_0913_101735imgp5229
馬打峠を下り松田十字路にあるお店でアイスの補給
藤坂峠は老体に優しい峠
2014_0913_105241imgp5231
ここで写真を撮って居たら
こちらに石碑があると教えられ・・・
2014_0913_105324imgp5232
藤坂峠開通の碑、自転車を入れて記念撮影する自転車ブロガーも多いとか。

ここからは緩やかな下り、楽あれば苦あり上り坂があれば下りもある
これが上り坂を頑張ったご褒美でしょう。
最後は須花坂、トンネルは短いのでライトは無くても大丈夫そうです。
飛駒からの入口には明治に掘削されたトンネルの案内板があります。
031
これは9月3日に行ったときの画像
土木学会推奨 土木遺産 須花坂隧道と書かれているように見えます。
033
写真と撮っていたら「坂はきついね」と言いながら
70歳くらいのオジサンが走っていきました。
これも3日の画像です。

お昼は須花坂を下った所の須花坂公園憩い館です。
地元のお母さん達がやっている蕎麦屋さんです。
もりそば500円は相当安いです。
今回食べたのはマイタケご飯セット。
蕎麦と、天ぷら、マイタケご飯、お新香、キンピラゴボウが付いて
900円と超お得でした。
セットだと蕎麦の量が少なめかな?

でもごはんが大盛り
2014_0913_113356imgp5235

食事をしていると、お客さんが次々と来店
かなりの人気店らしいです。早めに着いたので良かった。

さて、充分お腹が満たされたのですが、、、デザートは別腹
次はかき氷を食べに行きます。
向かい風ながら、下り勾配の恩恵に預かり楽々走行
ハイ・・・到着一世を風靡した「菊水苑」です。
涼しくなったからか、それともブームが去ったのか?
静かな菊水苑でかき氷のデザートをいただきます。
2014_0913_124054imgp5236
抹茶650円のあんこトッピング(50円)で700円でした。
その他、桃シロップ、、オレンジ、ブドウは600円でした。
3日にも食べてます
038
これはあんみつセット、700円
セットものは、かき氷が小さな器に入っているのでちょっと物足りなかったです。

坂も蕎麦もかき氷も充分楽しめたので後は帰るだけ
菊水苑からはノンストップで道の駅に戻って来ました。

ここで解散して各々帰ります、同じ方向に帰る人3名いたのですが
「ノンビリと帰る」という理由で一人走行に。

今日は一日、体調がすぐれなかったのですが帰路では決定的な
症状が出て来てしまいました。

その時は分からなかったのですが、ググってみたら膀胱炎だったのです。

それも急性でしょうか?帰りの36kmは尿意との戦いでした。
途中、関宿の中之島公園でトイレを借りようとしたら
「故障中使用禁止」それなのでお城まで行ったですが
強い尿意に反して、出るものが出ず

漏らしてもパッド付のパンツだから・・・と開き直り我慢して家まで速攻帰宅
出るものが出ないので、、、自転車を掃除してそれからシャワー
ググって対処法を見たら水分を取る、排尿を促すカフェインなどが良いのかな
それこそ、アルコールが飲めるのなら、ここでビールでしょうが
下戸なので、アイスコーヒー、牛乳、次はお茶を浴びるほど飲む。

家に着いてからしばらくしたら、強い尿意が消滅
意識的にトイレに行き、暫くぶりにスッキリしました。

自己治療が功を奏して自然快癒、良かった。

今日の走行距離 160km





|

« 大利根橋往復 | トップページ | これを育てる »

自転車」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565444/60315893

この記事へのトラックバック一覧です: 長距離に挑戦:

« 大利根橋往復 | トップページ | これを育てる »