« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

1月末

1月も終わりですね。

そこで今月の走行距離・・・なんと、540kmでした。
良いよね~~こんなもので?

距離を走ればいいってものでもないし、だからといって
内容が濃いわけでもないのだけれど、要するに健康第一ですから。

寒いと気持ち的にも盛り上がらない
盛り上がるのはご飯茶碗に盛ったご飯の山だけ、ご飯が美味くて困りますわ。

この日記を書きながらniftyの注目のニュースが目に入ります
AKBの峯岸ちゃん、熱愛報道に謝罪、丸刈り頭だって?

この前、2~3週間前かな?
テレビで良く当たると評判の占い師から「男性関係に気をつけろ」と
言われていましたよ。

偶然なのか占いが当たったのは

手相とかテレビで遣っているのを見て自分に当てはめてみると
日本人に少ない生命線と、頭脳線が離れている手相「空気を読めない手相」だって。

別に空気を読みたくないし、読む必要もない私らしい手相だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月30日 (水)

パンク

暖かくなり午後から北風が強く吹く天気予報だったので
帰りは風に背中を押して貰おうと、自転車で出掛けました。

所が堤防に上がってみたら向かい風が強い
風が強くなるのは午後からじゃなかったのね?

でも、江戸川では風が付きもの、このぐらいの風では
大丈夫のはずが今日はあっさり挫折しました。

関宿城から一般道に迂回、中川堤防を走りました。
途中、強烈な横風が吹いて来て、自転車毎倒されそうでした。

Dsc_0053
ひなびた感じの中川沿いの道
路面が荒れて居るのでのんびり走っていましたが
路面からの震動が軟らかく感じてきました。

止ってタイヤを触ってみたら案の定パンクでした。
Dsc_0060

中川から離れて、屋敷林があり風が吹き付けない場所で
チューブ交換をしました。

良くパンクする私は、そうでない人から比べると結構手慣れているはず
そこで時間を計ってみる事にしました。

普段はタイヤレバーで2~3カ所、押し上げればタイヤが外れるのに今回は
一周全てタイヤレバーが必要でした
そして、チューブを引っ張り出そうとしても出て来ません

タイヤとチューブが密着していてタイヤの片側だけを
外したのではチューブが外せませんでした。
タイヤごと、ホイルから外してチューブを思いっきり引っ張ってとりました。

結構力がいりました、この頃、1~2週放って置いても
空気が抜けなかったのはタイヤとチューブの癒着のせい(お陰)
だったのかと納得しました。
Dsc_0057

チューブ交換時間はこの状態から12分
走り出すまで16分かかりました。
今度は癒着しないようにシッカロールでも振り掛けて置けばOKですよね?
今日の走行距離 35km

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月29日 (火)

ブルベ

AJ宇都宮のサイトを見たら4月開催のブルベのエントリーがはじまったようなので

申し込んでみた。

スタートが牛久なので、近いのが魅力だ。

そろそろ長距離を走って足の具合も確かめないといけない。

はたして足は治ったのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日)

近場グルメポタ

今日はkuniさんの近場グルメポタです。

かなり寒い朝だけど、一人じゃないから寒さもうちわに感じられる。
スタートが9時なので、もう少し家にいても良かったのだが
大いに気になる事があったので早めに外で待機していた。

それと言うのもkuniさんのイベントで道案内やらコース作りをしてくれる
デンチュウさんがどうやら、新車で現われるのではないかと
推測したからだ。
(何故推測出来たかは長くなるので割愛)
Dsc_0050
そして、期待通りに新車のデンチュウさん登場
今度は白を基調にした自転車だ。
最近こんな色調が流行っているのかな?
Dsc_0049
ちなみにねこさんと私の自転車

予定時刻になり初参加の方が居たので軽く自己紹介
kuniさんが、初参加の方に年齢を聞いたら48歳との返事

その場にいた過半数が一斉に「おお~~若い」
との反応だったのが面白かった。

予定通りに9時スタート、下総利根大橋からは追い風で
かなり楽しい走行になった。
茨城自然博物館から目吹橋に抜ける裏道も知る事が出来た。

12時少し過ぎには今日の目的地「菜工房」に到着
10人全員で丸いテーブルを囲んでの昼食になった。
私が注文したのは特製担々麺、何が特製なのかは分からない
黒ごま担々麺という物もあった、次は何を食べようかなと
思わせる美味しいお店だった。

Dsc_0040
帰りは昼食時に話題になった大盛りのやよい食堂の前を通り
野田橋から帰宅、走行距離55km

参加の皆さん、お疲れ様です。
楽しかったですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月26日 (土)

思い出した。

いつも起床は5時半
時々、二度寝をしたりするけど。

今朝は外に置いてある樽から白菜を取りに行くと
朝焼けの空が綺麗だったので写真を撮ってきた。

それがこれ↓

Dsc_0033

今日はお天気はよいが寒いのでネットサーフィンをしていた
そして思い出した事があるので書いてみる
以前、10年ほど前かな?kuniさんと出掛けたときの事
めったに乗らない電車で都内に出掛けた。

乗り継ぎで連絡通路を歩いているときに
前方から、若い女性が歩いてきた。

しかし近づくにつれて何か違和感を感じた。
その女性、ファッション雑誌から飛び出たようなスタイルなのだけれど
顔が変だった。

もし、病気だったのなら申し訳ないが???

50歳以上の人なら知っているかも知れないが
ウルトラマンの前進、ウルトラQの
渦巻きが戻って普通の文字になるオープニングを。

何故かその女性はその歪んだような顔だったのだ。
後でkuniさんにその女性の事を聞いたら知らないと・・・

ひょっとして見えたのは私にだけか?

それとも、普通の人だったのだが
私とその人の間に次元を歪ませた何か居たのか?

時々思い出す不思議な出来事。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月24日 (木)

坂東市周辺

久しぶりのサイクリング、雪が降っては走りたくても走れません。

すっかり諦めムードで、そのまま自転車生活が消滅してしまいそうでした。
1週間走れないと、気持ちが焦るけど、2週間走らないと

「もう自転車に乗らなくてもよいかな~」と言う気持ちになるから不思議。

数日前から日曜日に走るコースを試走して来ると言ってあったので
本日決行してきた。

昨日の雨でぬかるんでいるところもあるが日曜日までには
大丈夫そうで良かった。

それにしても平日の道路は怖い
今日はタンクを積んだトレーラーが、すぐ側を追い抜いていった。
車体が長いし風で巻き込まれそうで本当に恐怖。

そこで思ったのは、車に轢かれたら下りる保険に入っておこうかと・・・・

自転車保険、生命保険には入っているが、もっと保証の大きいのを
無駄死にしないように、私が死んだらちょっとまとまったお金が残ると
良いでしょう、遺族が(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

セーフ

10時頃から始動、昨日の続きの雪かたしをする。
屋根から落ちた雪が家回りに積もっている
日が当たらない北側なので自然に溶けるのは期待出来ない。

それなので昨日に続き雪をかたす
先ずは、雪の捨て場を確保する為に雪をかいて
後の竹藪まで道を作る。

そこからはじめて、本来の雪かたし作業
角スコップで崩しながら一輪車に乗せ、それを捨てに行く一連の作業を
延々と2時間。
お昼になったので一時休戦、お手軽にカップラーメンを食べていたら
ガチャガチャとガスボンベを業者が交換していったようだ。

なんて・・・グッドタイミング
雪をかたさなかったらボンベを交換出来なかっただろう。

ひょっとして、私は先を読める女?未来も読める(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月15日 (火)

気象庁の予報が外れたと謝罪(言い訳)の放送があった。

でも、あくまで予報だから、外れるのも仕方がない。

昨日は一日中降る雪をガラス越しに見ていた。
こうやって家に籠もっていられるだけ幸せだ、豪雪地帯は降る傍から
雪かきをしないといけないと聞いた。

今日は10時過ぎ少し暖かくなってきた頃、雪かたし
屋根から落ちて積もった雪が50センチ以上あった。

明日も終わらなかった雪かたしをする予定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

予定通り思川

今日は予定通りサイクリングに行って来ました。

スタートは10時、防寒対策をバッチリ、遅くなっても大丈夫なように
ライトも装備しました。
途中、中之島公園で休憩、少し暑くなってきたのでネックウォーマーを外しました。
天気予報通りに暖かくなりそうです。

今日は単純に渡良瀬遊水地から思川を走るつもりで居ましたが
新利根川橋の近くで工事中の旗がたなびいています。
四号バイパスを走れば追い風確定の風向きです。
それなので予定を変更して、四号バイパス側道を走る事にしました。
追い風効果で思いのほか早く道の駅おもいがわに到着しました。
サイコンを確認したら走行距離46kmで当初計画のコースよりも4km近かったです。

道の駅 おもいがわはたくさんの買い物客で賑わっていました。
娘に頼まれたパンを買って、テレビで放送していたイチゴ大福を買おうと
ウロウロしていました。
栃木のイチゴを使ったスイーツのコーナーもお客がいっぱいでした
ちょっと覗いてみたら、ケーキだけだったので野菜などを売っているコーナーに移動

探していたイチゴ大福もめでたくゲットしました。
その他、お弁当や和菓子、お煎餅も選取り見取り、しかし自転車なので
あまり買い込めず、自転車ジャージがとても場違いな気がして
すぐ退散しました。

来た道を戻り少し走り出してから気がつきました
写真を撮って居ません、証拠写真が無ければ、
本当に行ったのか半信半疑の人も居るかも知れないと戻って撮ってきました。
2013_0113_123320imgp3885
手前の車のナンバーが写ってしまったので画像をカットしました。

帰りは思川CRの右岸を走ってみました。
途中の田圃で作業をしているおじさんにCRの情報を聞きましたら
右岸も桜を植樹するとの事でした。
「良いですね」と言ったところ、妙な顔をして「良いんだか~悪いんだか」との返事でした。

植樹をする際、近隣の集落毎に割り当てが有るようで
その方も植樹に協力したとの事でした。
費用が三万円で、植林した場所も管理しなければならないそうです。

私達はただ綺麗だと眺めているだけですがその影には地元の人達の
御苦労があるのだと改めて感謝しました。

思川CRは右岸は少々路面の荒れているところがありますが
全面舗装でした、左岸は桜が植えられているので花の季節は左岸がお勧めです。

2013_0113_130904imgp3894
松原橋で休憩中、買ってきたイチゴ大福を
食べようとリックから引っ張り出したのですが・・・・
2013_0113_131030imgp3896
三個が一パックに収まっています、一個食べると背中のリックで
イチゴ大福が暴れて悲惨な状況になるのが目に見えます。

それなので、見ただけでお終いにしました。
家に帰って食べるのが良いでしょう。

渡良瀬遊水池を走り、利根川を走りますが向かい風です。
しかし、家に帰っての楽しみがありますので頑張って走りました。

家の近くになったら、ちょっと安心したのか、妹の事を思い出しました。

実は昨晩、妹から
「散歩中、足が痛くなりやっとの事で家にたどり着いた足の血管でも詰まったのかな~~心配」
とのメールが着ていたのです。

「神経痛じゃないか?」と返して置いたんですが、その後返答も無し
心配になりイチゴ大福もあるので、様子を見に行きました。

着くと同時に、足の具合を聞いたら「治った」だって・・・・
悪い事、心配な事があると直ぐ寄こすメールだけど、、 、良い事があったときも繰れや
と、心の中で思いました。

でも、母も妹も喜んでイチゴ大福を食べてくれましたので良しとしましょう。

今日の走行距離 96kmでした。
本当は100kmを走るつもりでしたが目標には届かず、でも足の痛みが出なかったで
良かった。

長距離を走って痛みが出ないかを確かめたかったサイクリングでした。
次回は、もっと距離を伸ばして、坂を入れたコースを走るつもりです。

ただ問題が一つ、サドルが合わなくなった
私の体重に耐えかねてサドルがへたったのかも知れない。
少し前下がりにしてみよう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土)

昨日の予定は・・・・

昨日までは、
渡良瀬から、思川を走って「思川道の駅」に行ってみようと
思っていました。

所が今日になり、曇天を眺めていたら
すっかり走る気が失せてしまいました。

それなので、午前中は家で温々と・・・・
昨日から水に浸して置いた黒豆をストーブに掛けて煮ていました。

お昼には庄和の道の駅で買った
合鴨肉を使い、鴨汁蕎麦を作りました。
蕎麦は乾麺ですが、汁が美味しくて幾らでも食べられます。

昼食後、摂取カロリーを考えたら
やっぱり自転車でしょうと走りに行きました。

その頃にはお日様も出ていたので、気分も良かったです
最近知った事ですが
冬に気分が落ち込む冬期鬱と言うのがあるらしいのですが
私も冬特有の暗い空と風が苦手なんです。

今日はいつものお手軽コースを走って53kmでした。

明日は、今日走る予定だったコースに再挑戦します

晴れていたら、きっと出来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 9日 (水)

足の冷えない靴下

今日は足の冷えない不思議な靴下は本当にネーミング通りなのかを
試す為にサイクリングをしてきました。

右は不思議な靴下を履き左は外国自転車メーカーのウインターソックス
走り出して30分過ぎたころ、左の足先が冷たくなってきた
50分経つ頃右も同じ様に、冷たくなってきた。

でも、日が出て暖かくなったのでそれ以上は冷えないようだ。

帰りは追い風で気持ちよく走れたので足の方には気が回らず
寒さは感じなかった。

家に帰って靴下を脱ぐ段階で不思議な靴下を履いた方が痺れ感が無かった。

そこで結論、足の冷えない不思議な靴下は、効果が有る
風を通さない繊維を使っているのか指先部分がごわつく感じ
フィット感は無い。足首部分をタイツの上から覆う感じで履いたので
足首の冷えも防げたのが良かったのかも?

今日の走行距離 40km

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月 8日 (火)

今日は畑

お天気が良くて自転車に乗りたかったけど
毎日乗っても速くならないので自粛

それなので、畑を見回ってくる
霜柱でぬかるんだ畑、冬なのに雑草がはびこり成長している
このままだと、草取りをする事になるので雑草があまり大きくならない内に
耕運機で撹拌しておいた、

しかし、木の陰で日が当たらない所が霜柱で凍ったまま
機械が氷を砕くとガリガリと音がして耕運機が壊れそうなので途中で断念。

そこで気分を変えて、少し離れている畑に移動
日が当たる場所なので霜柱はない、でも近くの落葉樹から落ち葉が
タップリと畑を覆って居る。

そこは無視して耕運した。

この落ち葉、落ち葉だけではないけれど、
農業をしていると燃やさないと処分出来ない雑多なものが出る。

一昔前は たき火だたき火だ~落ち葉たき~~等という童謡に歌われたように
たき火は日々の生活に必ずあった。
そして、たき火の後には必ず焼き芋が有ったりしたものだ。

今は、出来ない。

燃やそうものなら、何処からか通報されて役所の人間がやってくる
煙、臭いが敬遠される、確かに近隣に迷惑を掛けているかも知れない

でも、人間生きている中で、何処かで何かに迷惑を掛けつつ生きているのではないか?
お互いに少しは我慢し合おう。

声を上げた人が勝つ風潮は如何なものか。

例え100人中1人でも迷惑だと声を上げると、役所は動く

まるで多数意見だと言うように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

トライアングル60

今日もいつもの様にグズグズしていたらスタートが11時30分
この位の時間帯になると寒さも幾分やわらぎます。

しかし、冬は冷えます、関宿城でトイレ休憩
その手前で、限界を感じてましたけど我慢しました(笑)

関宿城に寄ったので行き先を野田、利根運河のトライアングルに決める
今日は平日でサイクリングロードは独り占め状態

下総利根大橋のところで写真撮影をしました。
Dsc_0009
デジカメを持っていなかったのでスマートフォンで。
色々触っていたらパノラマ撮影が出来る様なので試してみました。

野田スポーツ公園から一般道に、車が少ないので走りやすい
利根運河の側の池にはいつも水鳥が居るのに、今日は一羽も居ない
川の方を移動しているようだ.池よりも川の方が暖かいのかも知れない。

暖かいで思いだしたけど先日のサイクリングの時に
かなり冷えるとの予報だったのでネーミングに引かれて買った
商品名「足の冷えない不思議な靴下」を履いて行った。

本当に冷えないのか検証する為だった、
しかし、当日はかなり冷えた日だったので足先が少しかじかんできた。
今日は普段履きの靴下、今日はあの日よりも暖かかったのに
始終かじかんでいた、痛みを感じるまでは冷えなかったけど。

やはり「足の冷えない不思議な靴下」は効果が有ると思う。
今度は片方ずつ履いて試してみよう。

本日の走行距離 60km

余談

最近、たけしとジャン・レノが共演しているCM
ジャン・レノが何と言っているかやっと分かった。

「昔は権力大好きおじさんだったのに」だったよね? 
良く理解出来ない発音、コレはインパクトを狙ったのか?
私が思ったのは有名な俳優にダメ出し出来なかったのかと・・・押しが弱いな日本人?

もの真似タレントにそっくりな声で吹き替えさせれば良かったのに
思う・・・余計なお世話だけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

西小泉のリトルブラジル

今日は小寒、寒の入りだそうです。
それに相応しいとても寒い朝でしたがサイクリングに行って来ました。

もっと暖かだったら、自走も考えていましたが 
あまりの寒さに気力も萎えてカー載です。

それでも行くのだから立派と思う人もいるかも知れませんが
行かなくてはいけない理由があるので、死ぬ気で行きました(笑)

集合場所の道の駅 童謡のふる里おおとねをスタート
利根川CRを北上、寒いけれど向かい風は弱めで助かりました。

14kmほど走って道の駅はにゅうに到着
正月そうそう~引きづりの刑に処されてしまいました。

チョット休憩して刀水橋の近く聖天山に初詣に行きます

2013_0105_105845imgp3870
立派な山門です。
2013_0105_110430imgp3872
国指定重要文化財の外壁彫刻群も立派です。

妻沼聖天山と言えば聖天寿し、聖天いなりで有名です。
2013_0105_111145imgp3875
食べログで調べたお店に行くと
4~5人並んでいましたが、どんどんはけて待ち時間なし

それもそのはず、大量に作り置きして有るようでした、
パックにいなり3個とかんぴょう巻4個の詰め合わせ、多分これが一人分でしょう。

次は刀水橋を群馬県側に渡ったリトルブラジル美味しいハンバーガーを頂きます。

大通りを少し入った所にTOMIさんがあります
ブラジルの人がやっているパン屋さん
あちらの言語で話されたらお手上げですが、日本語で大丈夫でした。
注文したのはこれ↓
2013_0105_120243imgp3878
ブログで見たインカコーラも注文
2013_0105_115441imgp3876
デンチュウさんのおごりでフライドポテトも
2013_0105_120253imgp3879
味付けはセルフでマヨネーズ、ケチャップ、マスタード
フライドポテトには塩が運ばれてきました。

店内のテレビではブラジルのニュースが放送されていましたが
言葉は分からなくても見てしまうものですね。

ところで今思ったのですが、そのテレビ放送はインターネット放送なのかな?
まさか・・・ブラジルから電波が飛んでるとは思えないし。

それは置いといて・・・・
帰りは利根川CR左岸を走りました、追い風期待(いつも)でしたが
予報通りの東南の風の向かい風でした。

朝の厳しい寒さも日中は暖かくなり過ごしやすかったです
走行距離 67km

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

駅伝の途中から

箱根駅伝復路・・・ドラマチックな展開も期待出来ない最終区
途中から自転車に切り替えた。

でも外に出たらかなり冷えている
龍Q館を過ぎた辺りから遮る物が無いので猛烈な向かい風が・・・

帰ろうかと思ったけどまだ5kmも走っていない
もうチョット頑張らないといけないと思い田んぼ道に変更した。

しかし、身体が冷えてトイレに行きたくなってしまったので
引き返して帰宅した

走行距離 17km

| | コメント (2) | トラックバック (0)

かるた

箱根駅伝を見ないと正月が来た実感がないと言うほどのファンの私。

今日はテレビに釘付けでした。

それにしても箱根の山登り区間にローディーの団体が応援していたのには
ビックリしました。自転車ブームも凄いです。

駅伝が終わってから実家に。

一通り食べたり飲んだりした後・・・飽きてしまった母と
かるた取りをしました。

いつもは、妹が札を読み母が取る競争相手のいないかるた取り
今回は、母と妹、姪と私の4人で遊びました。
最初は妹が札を読みます、久しぶりなので本気モードで2枚とりましたが
そこで気がつきました。。。。
なんと大人げない、母を楽しませる為とリハビリの為にやっているのにと。。

それからは、母の様子を見ながら、全部母に取らせるのも真剣味に欠けると考えながら
1回目は母の勝利に終わりました。

2回目は母に札を読んで貰って妹、姪、私で取る事に・・・
最初の一言でもかるたが取れるのですがリハビリの為にも最後まで札を
読んで貰ってから取ります。

阿吽の呼吸で3人が同じ様に取る事に・・・でも時々お手つきをしたり
分からない降りをしたり、ヤラセでも大笑いになりました。

母の楽しそうな笑い声を久々に聞いたように思いました。
また、取れない(取らない)私に母がコッソリと次に読む札を見せてくれたり

母は痴呆になっても母なんだと、取れない私にも取らせようと札を見せる
心遣いの人だったと改めて思いました。

私も幸いに実家の近くに嫁いでいるので、妹と協力して
母が少しでも快適に、楽しい余生を過ごせるようにしてあげたいと思いました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

新年

ブログを読んでくださっている皆様

明けましておめでとうございます。
還暦を過ぎたオバサンが、頑張って走る自転車ブログ
今年も、張り切って走ります。

自転車ブームで女性の自転車乗りも沢山見かけるようになりました。
でも、還暦過ぎのおばさんは絶滅危惧種、いつまでも生存出来るように
若い皆様・・・暖かく見守ってくださると嬉しいです。

さて、今日は実業団駅伝をテレビ観戦
終わってから外に出てみたら風も静かだったので
初走りに行って来ました。

007

013_2


014_2

今日の関宿城

走行距離36km

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »