« 遠くよりも強く | トップページ | 寒かった~~ »

2012年2月 6日 (月)

解放された脳

今日は母の通院の付き添いです。
母は、11月に転んで頭を打ち救急車騒ぎを起こしていました。

その時は異常なしだったのですが、1月になってから左半身に麻痺が表れて
軽い脳梗塞でも起こしたのかと病院で診てもらった所、硬膜下血腫と診断されて
そのまま緊急手術をしました。

医師には「痴呆は必ず進みます」と宣告されて、本当にその通りになりました
血腫の方も、高齢なほど再発率が高いそうです
そうなったら、また手術をすると言われていますが、このまま再発しないことを祈るだけです。

血腫から解放された脳は一時暴走しました。
死んだ父が生きていたり私の子供がまだ赤ちゃんだったり
家にいるのに「家に帰りたい」と言ったり、夜はうなって寝ない状態だし・・・

それでも少しずつ快方に向い、デーサービスも再開して落ち着きを取り戻してきました。
そして、今まで出来なかったパズル↓
2012_0206_100100p1000077_2

手本を見てその通りにおはじきを置いていく頭と指の訓練です。

2日ほど前に行ったときは、同じ所に重ねて積み上げていましたが
今日はお手本を見て作っていました。
最初、一列目は手伝ったらしいですが、以前から比べると凄い進歩です。

あまり多くは望まないけど、残り少ない人生を少しでも快適に過ごしてもらいたいと
思い姉妹力を合わせて頑張ります。

|

« 遠くよりも強く | トップページ | 寒かった~~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

母上の残りの人生が快適に過ごせればなによりですね。介護、がんばってください。

投稿: hiro | 2012年2月 7日 (火) 20時54分

「痴呆」は、本人はもちろんですが、周りもたいへんですよね。 でも、少しづつ回復されてるのが「希望の光」でしょうか。

介護されてる方は、ほんとうに大変だと思いますが、共倒れだけは避けてくださいね。

投稿: へばな | 2012年2月 7日 (火) 21時21分

hiroさん、へばなさん

医者にも老老介護だから施設も考えた方がよいのではと言われました
でも・・・もう少し頑張ります。

投稿: シー | 2012年2月 8日 (水) 17時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565444/53921275

この記事へのトラックバック一覧です: 解放された脳:

« 遠くよりも強く | トップページ | 寒かった~~ »