« BRM917千葉600はDNF | トップページ | 水草の花 »

2011年9月20日 (火)

BRM917千葉600km(喜多方)に参加してきました。

BRM917千葉600(喜多方)に参加してきました。
17日の零時スタートのブルべは睡魔との闘いだと思いますので
少しでも睡眠をとっておきたいところです。
しかし、2日ほど家を空けるので遣っておきたいこともあり
まずは、白菜の消毒、枯れる心配のあるブルーベリーの苗を畑に植えたりと
午前中はつぶれる。午後、何時もなら居眠りタイムなのですが
寝ようとすると寝られないものです、仕方がないので夕御飯の買い出しと
ブルべの用意…準備が苦手なので持っていくものの選別に迷います。

そして、夕ご飯のあと、少し寝ることにして横になるが目が冴えるそれでもいつの間にか寝てしまって
目が覚めたのが8時15分過ぎくらい…本当は早めの8時に家を出るつもりだったのでちょっと焦る。

ドタバタと車に荷物を詰め込み、作って置いたおにぎりを持って家をスタート
途中、ウインドウブレーカーを忘れたことを思い出す。
それに、皮膚保護用のクリームを小さな容器に入れて置いたけど…持ってきたかどうかも忘れる。

所要時間1時間で天王寺駅前のパーキングに到着、早すぎるけど時間ギリギリに行く度胸もなし。
パーキングから自走でスタート地点の手賀沼の道の駅に。。。まだ誰もいない。
用を足したり、自販機で飲み物を買ったりしていると続々と参加者が集まってきました。

と・・見ると2週間前の宇都宮で一緒になった宇都宮会員の女性がいましたので御挨拶などをさせていただきました。
去年も参加したとの事、暑くて苦しんだようでした。
そして、またうろうろと時間つぶしをしていたら「こんばんは」と話しかけられたのが
千葉300(筑波)で一緒になったお方でした。

この方は、以前、知り合いの自転車乗りの方から聞いたことのあるお人でした。
なんでもハンデキャップがあるのに、それを感じさせない走りで凄い人だとの噂でした。
筑波ではつつじが丘でお会いして、突然ですがその話をさせて頂き、少しお見知り置きいただいたところでした。

こんなところで話しかけて頂き、嬉しかったです、今回も右手一本で素晴らしい走りをされるのではないかと思います
実際、お会いしたのはこの時だけでした。

今回はエントリーは120名くらい、DNSがあるとしても100人はいるのではないかという盛況ぶりです。

2011_0916_233945imgp2246
知り合いも出ているようですが、暗くて分からず
CR上で写真を撮っていたら、ふつうのパパさんが到着しました。
今日はネバーギブアップ精神のしんざかやジャージですね。

2011_0916_234250imgp2250
パパさんの愛車・・ブルベ専用車です。

スタート 道の駅しょうなん 0:00

私は第一ウェーブの零時ジャストのスタートです。
信号待ちで後ろを見たら、後続がぞろぞろとどうぞお先に~~という気持ちですが
言葉には出来ず…ゆっくり走ったらどんどん抜いていきました。
少しして、30キロ前後で走る3人ほどの集団がいましたので、ついて行きました。
追い風も手伝って、ルートの心配もしなくて済む楽チン走行でした。

しかし…家を慌てて出てきたためにGPSの替えの電池を忘れています。
残量が少なくなって来たので、名残惜しいけどこの列車から離脱しました。
ここは筑波研究学園駅の近く、電池を入れ替えていると長い列車がライトを照らして通過していきます。

ここから再スタート、後ろから来た10人弱の集団の後ろにつきました
一人だと地図を見なければいけませんが、集団だと後ろに付くだけで大丈夫、そんな気持ちでつきましたが
私には速すぎる集団です、追い風なのでそれほどきつくは感じてはいませんでしたが、
何気にメーターをみると35キロ前後で走っている様子、どこで離れようかと思案していましたら
ちょうど信号が黄色に変わってそこでお別れ、ホッとしたような気持ちですが
そこからが、大変でした。頑張って走った反動で時速20キロで走るのが精一杯になっていました。

途中のコンビニで休んだ時、程なく宇都宮の女性が到着マイペースを守って走った方に軍配が上がりました。
そこで、また少し話して、その方は集団で走って潰れたことあるとの事、それ以来マイペースで走ることにしているそうです。

2011_0917_050829imgp2255
一日目の夜明け

PC1 セブンイレブン益子七井店 
走行距離 85.7km 到着時間 04:04(オープンクローズ時間02:32~05:44)

もうすでに3店目セブンでの補給になっています、アイスとおにぎりとスポーツドリンク
PC直前で一緒になったおおたこさんとお話をしながら休憩です。
10分くらい休んでスタート、まだまだ序盤戦コースも平坦で早い列車に乗った後遺症も回復で一安心

PC2 「薄葉」交差点 セブンイレブン白河女石店
走行距離 169.1km 到着時間 8:26(オープンクローズ時間 04:58~11:16)
PC間の距離が長いので、コンビニが有るたびに寄り道したくなる
思いの外、時間的余裕もない。
ここでおおたこさんとおおたこさんの知り合いのとしさんと一緒になる、ふつうのパパさんも一緒になった。
パパさんが今頃此処にいるのとは、不調なのかと聞いたならもうすでに30分ほど寝てきたらしい。

ここから宇都宮300の時に通った勢至堂トンネルまでの上りが待っている、宇都宮で通った時は深夜のこともあり
かなり長い距離だったように感じたが明るい時に走るとそうでもないことが分かる。
しかし、天栄からずーと降り続けるシトシト雨は、最初のころは気持ちもよかったが路上の昆虫やカエルの死がいには
参った、途中でツールボックスのところに得体の知れないものが絡まっている、道に落ちている小枝で取ったが雨の日はこれが一番嫌だ。

勢至堂トンネルを過ぎると雨が降ってはいなかった、先に進むと路面も乾き晴れ間も出てきた。
途中で止まって会津に住む友達に連絡、コースの途中で待っているとの事でした。

2011_0917_114726imgp2260

黒森トンネルを出たところでその友達が待っていましたが、今切羽詰まっているのがトイレ休憩、事情を話して
その先のセブンで待ち合わせしました。
そこはコースの途中ですので、5~6人のブルべライダーも休んでいます。

補給をとりながら、近況報告やこの先の山越えの難易度も教えてもらいました。
桜峠はかなりきついとの事、はたして大丈夫なのか私?
友達ご夫妻に激励されてPC3に向けてスタート、コース上の[代田まんじゅう」店がやけに印象に残る
会津伝承のまんじゅうとはどんなものやら。

さて喜多方のPC3 道の駅 喜田の郷までもう少し、折り返しまで走っても全行程の半分も走っていない
まっすぐな広い道路、スピードが上がらない、20キロ以下でノロノロかなり我慢を強いられている
力不足は歴然だか、そんなに弱かったんだ私ってと落ち込みつつ、上っているんだねきっと。

ときどきPC3から折り返してきたブルべライダーとすれ違う、[頑張れよ~」[お疲れ様」と
ハンドサインで挨拶、以前よりもブルべブームの今の方が挨拶する人が多くなって嬉しいし頑張れる。

PC3 道の駅 喜田の郷 
走行距離 256km 到着時間13時39分(オープンクローズ時間 07:38 ~17:04)
有人チェック、ここに休息のために3部屋とってあるとの事ですが、休もうかどうかを迷う
そこでスタッフに「この先の東洋健康センターで休むつもりですが、時間的にみてどうでしょうか?」と聞いてみた。
するとAJ千葉の平山氏がこの先は坂なので休めるときに休んだ方がよいのではとのアドバイスを頂く。
女性用に一部屋確保なので、一人のんびり身体を伸ばして休息、次のPCには22時28分までに到着すれば良いから・・・
ギリギリまで休んで16時に出ればよいだろうと考えた、80キロ6時間で走れるだろう…と甘い考え(平地なら大丈夫だけど
山岳区間ということをすっかり忘れている。

しかし、人間というのは可笑しなもの、寝ようとすると目が冴える、それに道の駅の祭り、マイクの音が耳に入る
寝られないしかし、クーラーの利いた部屋は気持ちがよい身体を伸ばせるだけでも疲れが取れる
15時過ぎには、お茶を頂き、持っていたおにぎりとゼリーで補給して部屋を出る。
外で自転車の見張りをしていたスタッフの方、ありがとうございます。
全く至れり尽くせりの千葉のスタッフの方々に感謝感激です。

スタッフの方に手を振って挨拶をして再スタート、先ほどあれほどスピードが上がらなかった道路今度は下りで
40kmくらいは楽に出ます。
次の信号を曲がって495号線に入った瞬間もうそのスピードは出ません、出せません。
495号線を走ってすぐのコンビニから出てきたブルべライダーもかなり疲れている様子、道の駅で休んだ私の方が
少しは元気でパスさせていただきました。
この495号は死ぬ苦しみ御苦労さんのロゴ合わせのような厳しさ、ここまででかなりダメージのあるサドル周りは限界に近いです。
途中、横に空き地のある場所に止まってサドルを調整しました、前下がりです。
お尻というよりも前の方が当たるのです。トイレは決死の決意でします(すみません下品で)

そこで2名の参加者に抜かれました、来た道を振り返ってみたところ勾配が急すぎて落ち込んだようになっており、その先の道路が見えません。
凄い所を走ってきたものだと、思いましたが苦難はこの先にも待っていました。

走らなければ到着しない我慢しながら走りました9,8,7キロまで落ちて少しずつクリア
桜峠の看板が出てきて、ここがピークかと喜ぶも、まだまだ下りにならず、これは修行だな、煩悩も少しずつ浄化されて
無の境地になるだけ・・眠いだけかな?

2011_0917_171621imgp2262

やっと下りになったと思ったらスイートな時間はあっという間に過ぎて磐梯道の駅に到着、
前を行くブルべライダーについて私も道の駅に吸い込まれるように入る。
お顔を拝見したら先ほど抜いていったお人だった。
少し話して、彼はウインドウブレーカーを着て下っていきました。私はトイレ休憩とボトル補給で再スタート
ウインドウブレーカーは持っていないが皮下脂肪が寒さをシャットアウト、贅肉もたまには役に立つようだ。

桧原湖のアップダウンをクリアして裏磐梯セブンイレブンに到着、先ほどの彼も止まって補給中、私も冷えた体にホットなヌードルを
補給、しかし半分も食べられなかった、少し離れた暗闇のベンチで休息、横になる、気持ちがよい冷たい風が通り過ぎる
このころからはDNFするなら、東洋健康センター。。参加する時に考えていた考えが現実のものとなってきた
自分のなかでは決定的、必ずしも完走しなければとの決意もなかったのでお気楽な部分もある。

横になっても眠れるわけでもなく寒いので風邪をひきそうになる
走りだしは下りますが115号線にからはまたまた上りが続きます。
何度となく表れる、登坂車線、これがあるところは急勾配、エンジンを積んだ車でさえも喘ぐ場所
人間の0.5馬力ではどれほどの力が出るかは言うまでもない、それに私はサラブレッドでさえなく農耕馬体型なんだし早く走れるわけがない。

辛抱して走っていると、土湯トンネル自転車通行止めの立て看板がある、
土湯トンネルは迂回だったなと、GPS頼りにはしっているとなんと・・前方にトンネルが出現しました。
薄明かりの遠くに人が道を横切るのが見えました、取りあえずコースは間違えたことは理解しました
その人のそばまで行くと、道路の管理関係の方のようです。
自転車は通行止めなんですよ、今監視カメラを見ていたら自転車の走るのがわかったので来ましたと言います
どこに監視カメラがあったかわかりませんが、どこで誰に見られているか分からないものです。

もう、リタイアを決めていたし、もう一度戻るのもつらいのでどうしてもここを通りたいと言いました
何と我儘な・・と思うでしょうが、言ってみるものですね。

そういうと「通っては駄目とは言えないんですよ」と言います「え??」
「通っても良いということですか?」と聞くと、いや「通ってもよいとも言えない」では、
勧告を無視して通ってしまったというスタンスで行くのはどうなんでしょうか?

何だかよく分かりない理屈で通ることを許していただきまして、通りました
時間が時間なので交通量も少なくて快適な下りでした。
しかし少し走ったあたりから、戻ろうか正規のルートを走るべきなのではないだろうと自分の心が葛藤をはじめました。
でも、あまりの快適な走行に負けて長いトンネルを出るとGPSを見るために止まりました。
DNFを決めてた東洋健康センターまではPCを時間内にクリアしようと思っていたのでトンネルを通過したために
PC4を抜かしてしまったのではないかと思い始め、ポイントとして入れておいたPC4に行ってみようと思い正規のルートを
結果的に戻り始めました。
そこに見えたのが参加者のライト・・・「PC4はどこですか?」と聞いた相手がおおたこさんだったので、びっくりしました。

まだ先ですよとの答えで抜かしていないことが分かりました、としさんと一緒に下ってきたが、ライトが暗くて
スピードが出せないとしさんをここで待つとの事でしたので、一緒に待つことにしました。

待つ時間というのは長く感じるものです、かなり待ったように思えたときにとしさんが下ってくるのが見えました。
開口一番「眠かった~」との事「眠いと幻覚が見える、人が前を横切った」と話します。

「いや~~それは幻覚ではなくて例(霊)の者が通ったのでは」と喉元まで出ましたが
言うのは止めておきました。男の人でも怖がりの人がいますからね。

そこからはおおたこさんの先頭で2番手にとしさん、私という列車で走ります。コースは見なくても
着いて行くだけでは全然緊張感もなし、覚えていないが、下り基調で岳温泉に到着しました。

PC4 ファミリーマート岳温泉店 
走行距離 336.8km 到着時間 21:27(オープンクローズ時間10:10~22:28)
ブルベ参加者の誰もいないPC、私たちは最後尾なのだろう、ライトの電池交換をして私はヘッドライトを含めて四つ持っていたので
暗いライトで下りもままならないとしさんにライトをお貸しすることにしました。
DNFを決めていのであまり必要なくなっています。

ここで補給をしているとAJ千葉のスタッフの方が見えました、おおたこさんが私たちが最後ですかと聞くと
いいえ、まだいますとの返事でした。でも時間的余裕もあまり残ってはいません。

この後また3人で走り始めましたが、としさんが眠いというので途中のコンビニで離脱
そして、PC5に着く少し前に、おおたこさんに胃の調子が悪くて気持ちが悪いのでDNFすることを伝えました。
おおたこさんが親切にも、一応2時間後に目覚まし設定しておいた方がよいですよ、寝れば体調が回復するかもしれないですからと言ってくれました。

しかし、胃の調子も悪かったのですが、本当はあそこが限界でしたので無理です。
それは言わずにいました。

PC5 セブンイレブン郡山久喜田店 
走行距離 359,3km 到着時間 23:08(オープンクローズ時間10:51~23:56)

郡山久喜田店で休んでいるおおたこさんの残して、一人「東洋健康センター」に向けてスタート
今まで先導しておおたこさん、ありがとう。本当は東洋健康センターの前まで一緒に行けたのに、休みたい心に負けて
一足先にスタートしました。

東洋健康センターにはGPSのログをみると23時27分着でした。
5台くらいの自転車が止まっていて今スタートしようとするブルベな方もいました。

受付をして入館、すぐにAJ千葉のスタッフにリタイアの連絡を入れて私のブルベは終わりました。

夜の坂道。。。延々と続く苦難の道、辛いものがあったけど、今はその時のつらさを半分は忘れています。
全く懲りない人間です。だから走れるのか?ブルベって不思議。

今回、御一緒していただいた皆様、スタッフの皆様、
今思うと…大変楽しかった思い出しか思い出せないのです。また来年も参加できたらと思いますので
その時はよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

|

« BRM917千葉600はDNF | トップページ | 水草の花 »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

「土湯トンネル」を突破しちゃったって・・・すごいな~(゜o゜)!

「サドル」がダメでしたか~。 私は最近は「手のひら」が痛くなってくるので、困ってます(>_<)

投稿: へばな | 2011年9月20日 (火) 22時50分

へばなさん

「土湯トンネル」管理者との問答はまるで
落語の世界ですよね。
通行止めでも法的規制は無いのかも?

サドルは永遠のテーマです。
体重が落ちれれば大丈夫なのかも、、そして
一年かけて合うサドルをさがします。

へばなさんは手のひらが痛くなるのですか・・それもつらいですよね。

投稿: シー | 2011年9月20日 (火) 23時09分

お疲れ様でした。
サドルについては、セラSMPにしてから、快調です。男性と女性だと違うのかもしれませんが、試してみては。。

お尻はまあ大丈夫なのですが、
私は、足の指あたりが痺れてきます。
靴が大きすぎるのが原因かも。(笑)

投稿: | 2011年9月21日 (水) 16時42分

すみません。↑は私です。

投稿: おおたこ | 2011年9月21日 (水) 16時42分

おおたこさん

お世話になりました。
長い距離になると何処か痛くなる所が
出るのは仕方ないですよね。

靴が大きいと足が痛くなるのですか?
私は陥入爪なので足の先に余裕がないと
駄目なんです。
ここを傷めると歩けなくなりますから

サドルは参考にさせて頂きます。

投稿: シー | 2011年9月21日 (水) 20時31分

岳温泉で1時間あれば、完走も可能かと。
問題はサドルのようですね。コレばかりは好みもありますからね。スペシャのアバターGELあたりを試してみたらどうでしょうか?
穴もあいてるし、クッションも厚めで良いと思いますよ。
後は、準備がちょっと甘いな。仮眠を取る前に一式の準備を終わらせておかないと。
ルートの予習とか、1週間前からやっておくと気持ち的にも楽ですよ。

投稿: ふつうのパパ | 2011年9月21日 (水) 22時13分

長旅お疲れ様でした
ブルベは競技ではないので、
リタイアも勇気ある決断だと思います

今シーズンは「スタッフ」のみですが
来シーズンより、走りはじめます
それでもスタッフがメインとなりますが

来年お会い出来ることを
楽しみにしています

投稿: 井坂@プルベスタッフ | 2011年9月21日 (水) 22時15分

ふつうのパパさん

完走おめでとうございます。
私・・サドルさえ合えば
完走間違いなしです(汗)

パパさんの言うサドルも試してみますね。
準備も全て甘いですね、性格なのか・・・
夏休みの宿題は30~31日徹夜で仕上げる子供だったのです私って。

投稿: シー | 2011年9月21日 (水) 22時49分

井坂さん

何時も宇都宮ではお世話になっています。
来年から復帰ですね、一緒に走れるのが楽しみです。

今回の千葉ではスタッフのK氏にお会いしました。

来シーズンも宜しくお願いします。

投稿: シー | 2011年9月21日 (水) 22時54分

シーさん、
600Kお疲れ様でした。
昨年走った土湯峠と平田への道の
苦しさを思い出しました。
私のサドルは、SMPのSTRATOSです。
走力は十分と思いますので、
体調さえ良ければ十分完走ですよ。
私は福岡に引越しましたが、機会があれば、
千葉にも参戦したいと思っています。

投稿: エスフジ | 2011年9月27日 (火) 20時53分

エスフジさん

ブログを拝見していて、転勤で
遠くに行かれるのかなと思っていましたが
福岡でしたか?
そちらの地でもブルベを走られと思いますので頑張って下さい。

私は初めての600でしたので、どんな感じなのかを知りたかったのです。
体調さえ良ければ、大丈夫そうだと思いました。
それに、寝るタイミングも大事かなとおもいました。
サドルは皆さんがお勧めするセラSMPを
注文しました。何種類かあるんで、私に合いそうなものを頼みました。合うと良いですけどね。

エスフジさん
福岡でもお元気で、またどこかのブルベで
お会いできる事を楽しみにしています。

投稿: シー | 2011年9月27日 (火) 21時31分

初600、お疲れ様です!
私は今週末、初めての400「アタック三保」
に出てきます。これが本当に初めての
「一人旅」になるのでどうなることやら。
ガーミンなし、コマ図と地図で乗り切る予定です。
ところで…あそこが痛くならないように
するためのものですが、ワセリンを塗って
おこうと思っているのですがどうですかねえ?
クリームは、いわゆる専門のクリームですか?シャーミークリームでしたっけ?
オロナイン…っていうのも考え中です。

投稿: はんぞー | 2011年10月 3日 (月) 16時05分

はんぞーさん

「アタック三保」頑張って下さいね。

季節的にも良い条件で走れると思います。

ガーミン無しとは素晴らしい!!
脳内GPSをフル稼働ですね。

私は皮膚の保護用にシャーミークリームを持って行きました。
でも、傷ついてからは、しみるので付けない方が良いです。
その点、オロナインの方が予防と手当に最適かもしれません。

お天気が良い事を祈っています。

投稿: シー | 2011年10月 3日 (月) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565444/52783029

この記事へのトラックバック一覧です: BRM917千葉600km(喜多方)に参加してきました。:

« BRM917千葉600はDNF | トップページ | 水草の花 »