« チェーン交換 | トップページ | 忘年会RUN(大洗の潮騒の湯でアンコウ鍋) »

2010年12月 3日 (金)

なりすぎの柚の利用法

ゆずジャムを作ってみました。

ゆずを半分に切って果汁を搾ります
果汁に種が入っているので茶こしで濾します

ゆずを茹でます、茹でたゆずから袋や種、皮の下の白い筋などを
スプーンで取ります。

皮を刻んでおきます、鍋に刻んだゆず、果汁、少々の水を入れて
煮ます、その時に取って置いた種を(茹でる前の果汁から取った種)を
茶こしに入れ、鍋のかなでかき混ぜます
(種の回りに付いているペクチンを加えてジャムにとろみを付ける為)

自分の好みで砂糖を入れてください、冷めると固まるので出来上がりの判断が難しいです
少し水っぽい位でも冷めると固まります。

Yuzujyamu01 Yuzujyamu02
簡単に美味しくできました。

今日は妹が来たので、お茶orコーヒーとたずねたら
紅茶を所望、紅茶にゆずジャムを入れて飲んでいました。
帰りにはしっかりとお裾分けを持って帰りました。

|

« チェーン交換 | トップページ | 忘年会RUN(大洗の潮騒の湯でアンコウ鍋) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

@今年は柿や柚子が「豊作」だったみたいですね。 画像から柚子の良い香りが漂ってきそうです

投稿: へばな | 2010年12月 3日 (金) 18時08分

へばなさん

今度は、果汁を搾ってゆず酢と作っておくつもりです。

焼酎に入れたらゆずサワーの出来上がり
美味しそうじゃありませんか。

投稿: シー | 2010年12月 3日 (金) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なりすぎの柚の利用法:

« チェーン交換 | トップページ | 忘年会RUN(大洗の潮騒の湯でアンコウ鍋) »