« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月28日 (日)

歳末

今日はお正月用の餅つきをした
最近は・・・と言ってもおおよそ30年前から機械ですが。

お嫁に来た頃は、臼と杵で姑と舅が中心になってつくっていた
ところが舅は大のマージャン好きで餅米が蒸けてしまったのに帰ってこない。

そんなことで等々業を煮やした姑がもう当てにしないと怒って機械を購入したのだ。
そんな家庭の歴史を思いながら丈夫で長持の私の様な機械で今年も餅をついた。

その後、大掃除と言うほどでは無いが
仏壇の掃除、障子の桟に溜まった埃を拭いた
障子の桟と言えば・・・姑が桟を指でなぞって埃がついていると
嫁をいびる定番を思い出した。
私はこの様ないびりは経験したことが無いが・・・
それって掃除をしたことが無いと言えるかもしれない(笑)

そして掃除をしながら一年を振り返ったりした。

今年は思いがけない夫の怪我で自分も夫も試練の一年だった
自分の知らない一面を思い知った今年でもある。

私はB型人間で関心があるのは自分のことだけ(そんな訳無いか?)
人と比べたり、羨ましがったり妬んだりしたことは全然とは言わないが
あまり無い・・・要するに関心が薄いのかもしれないが。

でも夫が全身麻痺で治るか治らないか判らない時
近所で迷惑になっている人の言動に無償に腹が立った。

何故あんな人がピンピンしているのに夫は怪我で動けないのだろうと
妬んだりしたこともあった。

夫も完全では無いが普通に生活が出来るようになり
夫に負けないくらいに私もポジテブな性格なので
今の境遇を受け入れてそれなりに楽しく暮らしている。

ただ今は寒いので夫のリハビリも思うように進まないが
暖かくなって少しづつでも良くなればそれで良しとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

ギフトボックス

20081221_006

ギフトボックス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

Before →After

20081221_011_3

Before

20081221_010_3

After

年末には親戚に芋を送っています
貯蔵してあった芋を掘り起こし土を落とし
芽の回りを綺麗にそうじしました。

何処からでも芽が出るのでお正月の縁起物として
お雑煮には欠かせません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

冬至

冬至なのでカボチャと小豆を煮ました。
いとこ煮と言います。

自分的には一番手間が掛かったのに
評判は今一・・・・唐揚げに人気集中でした。

20081221_002_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

ジャンケン

娘を迎えに行った帰りに、コンビニにより
○○親方推薦のスイーツを買おうとしたが
売り切れていたのでチーズクリームの入ったパンを試しに購入。

丸いパンの三等分は難しいので4等分にして
余った一つをジャンケンで勝った人が食べることにした。

ジャンケンをする段になり
「あっ 俺負けちゃうよ」と夫が言うので
娘も私も「はっ?」怪訝になり顔を見合わせてしまった瞬間
三人で大爆笑。

初めの頃はグーしか出なかったがこの頃は3本指のパーと
何とかチョキができるようになって結局夫はチョキを出して負けたのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

冬眠

今年は冬眠しようかと思っています。

冬眠と言っても自転車ですけど。
そういう訳で正月の恒例の茂木はエントリーをしませんでした。

最近自転車に乗ってもモチベーションが今一ですので
思い切って乗らない時間を作るのも良いかなと思ったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

母のこと

今週は色々忙しかった

先ず、月曜日 夫の眼科医院通院途中
母が「めまいとそれに伴う諸症状」の発作を起こす

夫を家に連れ帰ってから母を病院に連れ行く
今まで何度も起こった症状だが始めて呼吸症候群と診断される
「精神安定剤」が出る、効き過ぎるようなら減らしてくれと言われる

家に帰る頃には落ち着いて来たので薬を飲ませて寝かせる
その後どきどき様子を見に行くが、薬が効き過ぎるのか
昼間から寝ているし・・・ちょっとボーとしている足もふらついているようだ。

そこで薬をやめるように言うが・・・歳が歳なので直ぐ忘れてまた飲んでしまうようだ
薬を置いておくと飲んでしまうので母から薬を取り上げた。

母は平日一人暮らし・・・只今単身赴任の妹と暮らしている
赴任する時に社宅を借りて母も連れて行こうと思ったらしいが母が断った
妹も連れて行っても昼間はやることのなく一人ではそれこそ可哀想かなと思ったらしい。

そこで近くに住む私が時々様子を見ていた、丈夫でしっかり者の母だが
歳には勝てなくて最近一人にしておくのが凄く心配になってきた。

平日だけ我家で暮らして貰うのも考えたり、寝る時だけ我家に来てもらうことも考えている
妹も、もう母の一人暮らしは限界かなと退職を考えはじめている。

最近、自分が歳を取った時に誰が面倒を見てくれるのだろうと思うことがある。
何時までも元気で暮らしているイメージがあるが、そんな都合の良いことばかりは有るはずは無い。

病気をせずにぽっくりとあの世にいければ最高の幸せかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

バイクナビ・グランプリ

20081130hitatinaka_028_3 はじめてバイクナビ・グランプリの7エンデューロに行って来ました。

当日4時30分起床
5時出発。
近くのコンビニで朝食と補給食やオヤツを購入。

朝からコンビニにしては高額購入
こんな客ばかりだと儲かるだろうなと
思いつつ結果的にこれが良かった。

会場はひたちなかの海浜公園の隣にある
安全運転中央研修所。
駐車場に入ると既に知り合いが場所を確保していてピットにも場所を確保していてくれた。

本当に何時もありがとうございます。

自転車を下ろして準備をして後のドアが半ドアだったので閉めようとして
どういう訳か親指だけで押していた。
勿論ドアは閉まらず親指だけが激しく痛みスタート前にすでにリタイヤかと激しく後悔。
リタイヤより帰りに運転できるかも考える、動かして見ると痛いながら動くし
力は出ないが何とかなりそう、友達にテーピングして貰う
その後、救護に行って湿布を貼ってもらう
どうやら親指の掌側の筋を伸ばしてしまったようだ。

怪我をしたのが右手だったのでそれも幸いして(家事には最悪)
スタート地点に立つことが出来た。

20081130hitatinaka_030 スタートして2時間10分過ぎ
少し疲れてきてお腹も空いてきたので
ピットイン AV26.8

再度コースに戻る
休んだはずなのに反対に疲労を感じる
2~3周するうちに段々調子が出てくるものの
8パーセントの坂で足を攣りそうになり騙しつつ走る。

かろうじて100kmを4時間で走り
「もてぎサイクルマラソン」完走だなと思いつつ110kmくらいで2度目のピットイン
AV24.6

もうこれで止めようと思っていたのだが、頑張れば表彰台と嘘をつかれて
「よっしゃー頑張るよ」と再度スタート
しかし・・・練習不足は否めないの段々アウターがふめない様になる。

下りは惰性で走り、上り坂ではインナーギアで超スローな走りで切り抜け
直角コーナーの3~4メートルの坂では立ち漕ぎで凌いで時間まで走ることに徹する。

一人旅の身には向かい風もきつくピットから出てくるゼッケンに小ナンバーのついた
チーム参加者が羨ましく今度はチームで参加しようと思いながら何とか7時間完走。

7時間女性ソロは5名中4位で完走
練習時間が少なかったとしても自分的にはもう少し走れるのかと思っていたが
思うほどの走りは出来ずに終了した。

これも加齢が原因か乗れないことが原因か?両方だと思うがこれからは自転車との
関わりも少しづつ変化して行くことだろう。

レース終了後、そそくさと撤収
何しろレース後に顔を洗おうとしても水道もないし
トイレも駐車場に2基 ピットに7基位の仮設トイレでコース内の施設のトイレは
女性用個室1コ・・男子トイレも同じようだと思うが、圧倒的に不足していた。

最終的には仮設トイレも流す水が無くなりそのままの状態で酷かった。
座ることの出来ない夫が一緒に行ったのでトイレの状態が心配だったが
その予感が的中・・・主催者にはこの所を改善してもらいたい。

観光施設ではないために自販機も無い、出発時に沢山食料や飲料を買っておいて
しみじみ良かったと思わざるをえない状態だったのだ。

最近自転車ブームもあり色々なイベントがあるが、
高い参加料に見合った企画してもらいたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »