« リハビリ | トップページ | リハビリ2 »

2008年6月 4日 (水)

奇遇

車椅子で病院内を回っている時に、自転車乗りの知り合いと奇遇にもバッタリ
今日退院だそうだが、「もう自転車には乗らない」と言っていたよと夫が話してくれた。
でも、完治するときっと乗り出すんだと思うけどね。

今日のリハビリでは、担当の先生がお休みなので新人らしき人が担当
手すりの位置が合わずにもう少しで転倒するところだったと・・・
これで骨折でもしたら目も当てられない。
そして、今日は入浴の日、体重を測ったら8キロも減っていた。
肩の筋肉も胸の筋肉も足の筋肉もすっかり消滅してしまった。
神経が通っていない分余計消耗が激しいのかもしれない。

事故当初は右足の先1~2センチ、両ヒジはかろうじて曲がったが
伸ばす神経は働かない状態、色々な先生が来ては名札に付いている
ピンで身体のあちこちを刺し感覚を確かめて行った。
感じるところを確かめる事で頚髄のどの箇所を傷めたのか分るらしい。

両の手が使えないので、何をするにも他人の手を借りなければ出来ない。
ナースコールは最初は息を吹きかけるタイプ、その次はベットの枠に取り付けて
腕でポタンを押すタイプ、此方ではそのタイプがないので普通のナースコールの
コードを天井から下がっているフックにゴム紐で下げてみた
手に当たれば引っ張って何処かに打ち付ければ呼べるようにした。
でも、それだと動いてしまって命中率が落ちるので伸びる包帯で柵に結わえてもらって使用中。

水を飲むのも食べるのも歯を磨くのも汗を拭くのも鼻をかむのも全て人に頼まなければならない
一日に一回くらいは我侭を言って御飯を食べたいだろうと思って往復200キロの道を通ったのだった。

近くの病院に来ても夕御飯の時だけは行くようにしている。
今はどうにか一人で食べられるがコップは持てない。
今日はコップの底を支えるからと持たせて見た。
少し動く2、3本の指で持って飲む事ができた。
「オオ~出来た」と夫もちょっと感動?
その後ペットボトルを持ってみた、両手では持てるが片手では持てない
相当重く感じるみたいだった。

私もやって上げるだけでは無く、手助けしながら少しづつ出来る様にサポートしたい。

|

« リハビリ | トップページ | リハビリ2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565444/49510059

この記事へのトラックバック一覧です: 奇遇:

« リハビリ | トップページ | リハビリ2 »