« リハビリ説明会 | トップページ | 事故のニュースに反応する事 »

2008年6月14日 (土)

お手玉

20080611_001 お手玉を作って見ました。

整形外科の先生は、来る度に「グーパーグーパー」して
手の運動をするように言うらしい。
「握手しよう」とも言うらしい・・・握力を測ったのだと思うけど。

そんな訳で、以前から自主練はしていが
もっと頑張ってやると言ったので、お手玉などを作って見ました。

これを握って握力を付けて欲しい。
ついでに神経も戻って欲しい。

数日前から、尿道カテーテルから解放されてトイレに行けるようになった。
これでまた一歩前進、平行棒の間を歩くのも上手になって
昨日、今日は歩行器で歩いたらしい、自分でも自信がついたようだ。

リハビリの空中歩行?も通算4日ほどやって貰う
この運動はリハビリの先生、3人がかりで大変手間が掛かるのだ
腰が痛いとか、股が痛いとか言っていたが、先生が一生懸命にやってくれるのだから
「頑張れ」「お父さんの症状にはとっても良いリハビリみたいだよ」言い聞かせていた。

今日はそれが功を奏しているのかもしれないと自分でも思うようになって
手の運動ももっと頑張ると言い出した。
リハビリして、その成果を実感したら欲が出てきたようだ。

ベッドから車椅子、車椅子からトイレに座らせるにもちょっと支えるだけで移動できるようになった。
でも・・・今夜居た看護婦さんは夫が自分で立てると思ったのか手を貸さなかったな。
夫みたいなオジサンに抱きつかれたくないと思ったのかも?

普通、引継ぎで患者がどんな状態かは知ってるはず
ひょっとして・・新入りさんだったのかもしれない。

|

« リハビリ説明会 | トップページ | 事故のニュースに反応する事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565444/49510041

この記事へのトラックバック一覧です: お手玉:

« リハビリ説明会 | トップページ | 事故のニュースに反応する事 »