« へこんだ | トップページ | リハビリ »

2008年5月31日 (土)

スーパーマン

クリストファー・リーブが演じたスーパーマンは
ロイスの死を悲しむあまり時間を戻して歴史を変えてしまった。

でも実際のリーブは、自分の悲劇を変える事はできなかった。
幾ら渾身の力を出しても、念力で物を動かすのと同じで出来ない物はできないのである。

夫も両手首からの機能がほとんど無く渾身の力で握っても一mmも動かなかったのだった。
でも転院2日ほど前から少しずつ親指の先、人差し指の先と動くようになってきた。
はじめて自分の名前を書類にサインしたのは転院前日だった。

今日夕食後に字を書いて見ると言うのでペンを持たせたら
解読不可能の文字、練習して今度は手紙でも書こうか言うので
「元気です」って書いたら良いじゃないと言って二人で大笑い。

今度の病院のリハビリの設備と先生の多さにちょっと期待
すっかり消耗してしまった筋肉で起きているより寝ている方が楽な身体になってしまった様子
極力ベッドから離そうとリハビリの後は談話室でお喋りをして新聞を読んだりして過ごそうと話す
子供たちにもお父さんのお見舞いに行ったら談話室で話すように言った。

|

« へこんだ | トップページ | リハビリ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565444/49510063

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーマン:

« へこんだ | トップページ | リハビリ »